プラチナバンドやLTEよりWiMAXが優れる理由

a1180_007223

 

プラチナバンド」、「LTE」、この言葉を聞いたことがない人は今や少数派でしょう。

 

2年以上前の回線(3G)に対して使われる宣伝文句です。

乗り換えも急速に進み、では「手薄になった3Gは逆に早くなるのでは?」と思われた方もいるでしょう。

 

しかしながらそうではありません。

3Gの利用者は減りますが、「3G回線は早くはならない」のです。

 

むしろ更に遅くなります。

これはプラチナバンド、LTE回線に乗り換えをさせたい携帯各社の戦略でもあります。

 

そしてプラチナバンドやLTE回線に乗り換えれば「確かに」回線のスピードは人口密集地域では上がります。

 

動画などもサクサク見られることも事実です。

しかし大半のプラチナバンドやLTEはまだ全国カバーされていません。

 

そしてLTEやプラチナバンドで小さく記載されている「帯域制限」を正しく理解されている方が少ないのも現状です。

 

帯域制限とは、1月にキャリアの各社が定めるデータ使用「」の制限のことなのです。

普段何気なくインターネットに接続してリッチコンテンツ(動画)などを見る機会は増えています。

 

youtubeやニコニコ動画、YAHOOの無料のGYAOなどを日常的に視聴されている方は多いと思います。

実はこれらの動画のコンテンツはデータ「」をかなり消費します。

 

3G回線でもなんとか視聴は可能でした。

しかしLTEやプラチナバンドに切り替えて普段通り使っていると、各社が定めるデータ量を超えると急に回線速度は遅くなる仕組みになっているのです。

 

それ以上使いたい人は追加料金を払ってください」という仕組みなのです。

 

しかしながらこの「WiMAX」はこれらの制限が一切ありません。

 

当たり前に使っている動画などのコンテンツをデータ「」を気にすることなく見ることができる日本ではほぼ唯一のキャリアになるのです。

 

そして他社の「2年縛り」もありません。

そして使えるか不安を持つ人に「15日間の無料レンタル」ができるのもWiMAXだけになります。

 

実際にワイマックスを試してみてから契約するか判断できます。

あれこれ悩むよりもWiMAXを選択された方が、現在では最も賢い選択になります。