WiMAXとWi-Fiの違い

a1180_007220

 

checkWiMAXはWi-Fiと違って、アクセスポイントが必要ありません

 

 

インターネットを利用している人なら、「WiMAX」という言葉をよく耳にすると思いますが、同じ無線通信に「Wi-Fi」というものもあり、その違いを理解していない人が少なくありません。

 

Wi-Fiとは「Wireless Fidelity(ワイヤレス・ファイデリティー)」の略称で、要は無線LANのことを意味しており、Wi-Fiであることは違うメーカーの無線LAN対応製品とも互換性があることを示しています。

ただし、Wi-Fiの名称は、Wi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)という団体の審査を通過した製品のみが使用できます。

 

一方、WiMAXというのは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」の略称です。

Wi-Fiよりも広いエリアで使用でき、しかも高速通信が可能になった無線通信技術の「新しい規格」のことです。

 

Wi-Fiは本来、有線を無線に変換するためのシステムであるため、無線に変換するアクセスポイント(電波中継機)が無ければなりません。

従って、使える場所は無線LAN環境が整っている自宅や、若しくは無線LANを提供しているカフェやホテルなどに限られます。

最近のパソコンはWi-Fiに対応するようになっているため、無線LANを提供する場所さえあれば、気軽に利用できます。

 

WiMAXを利用する場合には、専用の通信機器(PCカード・USBタイプなど)やWiMAX内蔵のパソコンが必要になります。

 

ただ、それさえあれば、最大速度が下り40MBpsとWi-Fiよりも高速なデータ通信が可能になります。

アクセスポイントも必要ないため、会社や出先などどこからでも重いデータを送受信したり、動画サイトを見たりすることがスムーズにできます。

また当然、回線工事も一切不要です。

 

 

checkWiMAXルーターとWi-Fiルーターって何が違うの?

 

 

今やインターネット回線無しで生活するのはありえない時代になりました。

しかし、新しくインターネット回線を引くとなると、工事も必要になりますし、それにかかる費用も馬鹿になりませんね。

 

そこで一つの選択肢として「WiMAX(ワイマックス)」があります。

でもWiMAXって噂に聞くけど、一体どういうものなんでしょうか?

 

無線でつながる通信回線にはいくつか種類があります。

代表的なのが「3G」、「Wi-Fi」、「WiMAX」の3つです。

 

3Gとは簡単にいうと携帯電話で通信するための回線で、基地局からの電波を受けてあなたの携帯に通信ができるようにしている回線のことです。

 

Wi-Fiとは無線LANのことです。

光回線などを家まで通してルーターにつないでいます。

 

そのルーターから電波を飛ばしてパソコンにつないでいます。

有線と無線の場合があるのはそのためです。

 

そしてWiMAXはWi-Fiを携帯電話のような使い方ができるようにしたものです。

通信は携帯電話用の3G回線を使用せず、データ通信専用の回線を使用してるという点が違います。

 

3G回線より高速で使うことができ、かつ今スマホで話題になっている従量規制も無いので安心してインターネットを楽しむことができます。

 

WiMAXルーターがひとつあれば、家でも外出先でもインターネットに接続することができます。

 

こう言うと「小型のWi-Fiルーターとの違いは何?」と思われるかもしれません。

小型Wi-Fiルーターは携帯電話専用に作られた3G回線を使っているのです。

 

つまり小型Wi-FiルーターとWiMAXルーターの一番の違いは接続されている通信回線が違うのです。

だからこそ、WiMAXは独自の高速通信回線が確保できるのです。

 

通信速度は最大で3G回線の5倍の速さといわれています。

動画もストレスなく見ることができますし、アプリや音楽のDLもどんどん楽しめますね。